調べ学習でのキーワードを使ったインターネット検索のコツを紹介しています

調べ学習ではキーワードを使ってインターネット検索をする

調べ学習では、キーワードを上手に使うことが大切です。
キーワードを使えば知りたい情報をインターネットから見つけることができます。

  • では、キーワードはどのように使うのでしょうか?
  • どんな言葉をキーワードにすれば良いのでしょうか?

順番に説明します。

 

インターネット検索でのキーワードの使い方

インターネット検索では検索エンジンと呼ばれるものを使います。
検索エンジンは色々ありますが、Yahoo!キッズ、Yahoo!Japan、Googleなどが有名ですね。

 

画面を出すとキーワードを入力する場所があります。
下はYahoo!キッズの画面。赤で囲ったところにキーワードを入れます。

 

Yahoo!キッズ検索画面

 

キーワードを入れるとこんな感じ(↓)になります。

 

Yahoo!キッズ検索画面2
「富士山」をキーワードとして入れています。

 

キーワードを入れて「さがす」を押すと、検索結果が出てきます。

 

どんな言葉をキーワードにすれば良いのか?

キーワードにするのは調べたい言葉です。

  • 富士山のことを調べるのであれば「富士山」。
  • 世界遺産のことを調べるのであれば「世界遺産」。
  • 人物のことを調べたいのであれば、その人の名前をキーワードにします。

 

キーワードで指定した言葉に関連するページが検索結果として表示されます。
その中から目的にあったページを見つけましょう。

 

スペースを上手に使おう

キーワードが2つ以上あるときはスペースを使いましょう。

 

例えば、富士山で見ることができる花を調べたいのであれば、キーワードは富士山と花。
「富士山」のうしろにひとつ開けて「富士山 花」とします。

 

このひとつ開けたところをスペースいいます。

 

こうして検索すると「富士山で見ることはができる花は」と文章でキーワードを入力するよりも、たくさんのページが検索結果に出てきます。

 

文章で検索したけどページが見つからないというときは、スペースを使ってみましょう。

PR

関連ページ

大きいキーワードと小さいキーワードの使い分け
調べ学習で目的のページを見つけるコツは、大きいキーワードと小さいキーワードを使い分けることです。この2つの使い分け方を覚えましょう。小さいキーワードで検索したほうが詳しい情報のページが見つかります。
国土地理院の地図を使った調べ学習のやり方
地図を使った調べ学習にはいろいろなやり方がありますが、その中でも国土地理院のサイトを使ってできることを紹介してみたいと思います。
国土地理院の地図を使った調べ学習のやり方2
国土地理院にある地図を使ってできる調べ学習の紹介です。こんなことができるというものをダイジェスト的にまとめたので参考にしてみてください。「地形分類で土地の成り立ちを知る」「人口が集中している地区を表示させる」「活火山の場所を表示させる」
地図記号の調べ学習方法
地図記号の調べ学習に役立つサイトを紹介しています。昔と比べて変わった地図記号や新しくできた記号などについて調べるときに参考にしてみてください。