地図記号の調べ学習の方法を紹介しています

地図記号の調べ学習方法

地図記号の調べ学習に役立つサイトを紹介しています。昔と比べて変わった地図記号や新しくできた記号などについて調べるときに参考にしてみてください。

 

地図記号の一覧表

地図記号の一覧表は国土地理院の子ども向けページにあるものがよくまとまっています。PDF形式のファイルなので必要に応じて印刷することもできます。

 

国土地理院 > 子どものページ > 地図記号
このページにある地図記号シート表示で一覧形式のものが表示されます。

 

地図記号

 

また、新しくできた地図記号も知ることができます。

  • 博物館
  • 図書館
  • 老人ホーム
  • 風車
  • 電子基準点

これらが新しくできたものです。

 

外国人に分かりやすい地図記号を検討中

地図記号は世界共通ではありません。このため日本を訪れた外国人が日本の地図記号を見ても何を表わしているのか分からないことがあります。

 

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催され外国人観光客が増えることが予想されることから外国人にも分かりやすい地図記号の検討が始まっています。

 

まだ決定はしていませんが、検討中の案が国土地理院のサイトに表示されています。下記から見ることができるので、どんなものが考えられているかチェックしてみてください。

 

外国人にわかりやすい地図表現検討会

 

コンビニを表わすのにサンドイッチと飲み物の絵が使われているなど外国の人が見ても分かりやすいように工夫されています。

 

地図記号の勉強ができるゲーム

最後に地図記号の勉強ができるサイトを紹介したいと思います。
地図記号を使った神経衰弱ゲームで、名称と記号をあわせるものです。

 

毎回、カードの場所は変わるので何回も挑戦してみてください。
地図記号の神経衰弱ゲーム

 

PR

関連ページ

キーワードを使ってインターネット検索をする
調べ学習では、キーワードを上手に使うことが大切です。キーワードを使えば知りたい情報をインターネットから見つけることができます。インターネット検索では検索エンジンと呼ばれるものを使います。検索エンジンはYahoo!キッズ、Googleなどが有名ですね。
大きいキーワードと小さいキーワードの使い分け
調べ学習で目的のページを見つけるコツは、大きいキーワードと小さいキーワードを使い分けることです。この2つの使い分け方を覚えましょう。小さいキーワードで検索したほうが詳しい情報のページが見つかります。
国土地理院の地図を使った調べ学習のやり方
地図を使った調べ学習にはいろいろなやり方がありますが、その中でも国土地理院のサイトを使ってできることを紹介してみたいと思います。
国土地理院の地図を使った調べ学習のやり方2
国土地理院にある地図を使ってできる調べ学習の紹介です。こんなことができるというものをダイジェスト的にまとめたので参考にしてみてください。「地形分類で土地の成り立ちを知る」「人口が集中している地区を表示させる」「活火山の場所を表示させる」