点字開発者ルイ・ブライユについて調べてみよう

ルイ・ブライユが生まれた国について調べよう

ルイ・ブライユが生まれたのはフランスです。
このフランスがどんな国か知っていますか?

 

サッカーが強い」ぐらいのイメージしかないかもしれませんね。
調べてみましょう。

 

フランスの特徴

フランスはヨーロッパ大陸にある国のひとつです。
地図で赤くなっているところがフランスです。
フランスの場所

 

国土面積は約54万平方キロメートル。日本の国土面積が約38万平方キロメートルなので、日本の約1.4倍の広さです。

 

人口は約6,600万人。
こちらは日本の半分ぐらいですね。

 

フランスの首都はパリ
ルイブライユもここにある学校に通っていました。

 

パリには世界的に有名なルーヴル美術館などがあり世界各国から観光客が集まってくる国際的な都市です。ディズニーランド・パリもあります。

 

日本人が行きたい海外旅行先としても人気になっています。

 

フランスと言えば…

フランスと言えば、最初にフランスパンを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。フランス料理は世界三大料理のひとつです。

 

あと2つがどこか分かりますか?
答えは、中華料理とトルコ料理です。

 

フランス料理はレストランで大人が食べるものというイメージがあるかもしれませんが、学校の給食でも出ることがありますよ。例えば、ポトフ

 

ポトフはフランスの家庭料理のひとつです。
きっとルイ・ブライユも食べたことがあるはずです。

 

今度、給食に出たときはフランスのことを思い出してみてください。

PR

関連ページ

ルイ・ブライユってどんな人だったの?
点字の仕組みを考えたルイ・ブライユがどんな人だったのかについて紹介しています。ルイ・ブライユは1809年に生まれたフランス人です。ちなみに誕生日は1月4日。「ルイ」が名前で、「ブライユ」が苗字。
ルイ・ブライユの人生を年表で確認しよう
点字を発明したルイ・ブライユの人生を年表形式でまとめました。目が見えなくなったのは何歳のときか?何歳のときに点字を発明したのか?どんな仕事をしていたのか?下記にある年表で確認してみましょう。
ルイ・ブライユが発明した点字の特徴は?
ルイ・ブライユが点字を発明する前にも目の見えない人向けの文字はありました。そうした文字と、ブライユが発明した点字の違いは何でしょうか?ルイ・ブライユの点字の前に使われていたのはアルファベットの文字を本に浮かび上がらせる凸字(とつじ)というものです。
ルイ・ブライユについてのマメ知識を知ろう
点字を発明したルイ・ブライユについてのマメ知識をまとめています。ルイ・ブライユが生まれたクーブレ村はディズニーランド・パリの近くにある村です。ルイには2人の姉と1人の兄がいました。など。
点字のある場所(家の中にある点字)
点字のある場所についての調べ学習に役立つ家電製品の点字ガイドラインについて解説。点字は身近な場所にあります。普段は気づかないかもしれませんが、家の中にも点字があります。例えば、洗濯機や電子レンジなどの家電製品とよばれるものにも点字がついています。