ルイ・ブライユの人生を年表で確認してみよう

ルイ・ブライユの人生を年表で確認してみよう

点字を発明したルイ・ブライユの人生を年表形式でまとめました。

  • 目が見えなくなったのは何歳のときか?
  • 何歳のときに点字を発明したのか?
  • どんな仕事をしていたのか?

下記にある年表で確認してみましょう。

 

ルイ・ブライユの人生

西暦年齢出来事
1809年0歳1月4日フランスで誕生
1812年3歳片目を失明
1814年5歳両目が見えなくなる
1816年7歳クーブレの学校に入る
1819年10歳パリの王立盲学校に入る
1821年12歳バルビエのソノグラフィーを知る
1824年15歳ソノグラフィーを改良して6点点字を作る
1826年17歳代数、地理、文法を教える
1828年19歳王立盲学校の正式な先生になり、文法、地理。算数、音楽を教える。楽譜を書く方法を考えはじめる。
1829年20歳「点を使ってことば、楽譜、かんたんな歌を書く方法―盲人のために作られた盲人が使う本」を出版
1833年24歳教会のオルガン奏者になる
1835年26歳肺結核の徴候を示す
1847年38歳フーコーと協力してブライユタイプライターを完成させる
1839年30歳点字を印刷する機械の開発を始める
1843年34歳健康が悪化→クーブレ村で6ヶ月療養
1852年43歳1月6日病気のため死去

 

3歳のときに片目が見えなくなる

ルイ・ブライユは生まれつき目が悪かったわけではありません。3歳のときにお父さんの仕事場でけがをしてしまい、片方の目が見えなくなってしまいます。

 

昔は治療法もなかったため、感染症から5歳になるころには、もう片方の目も見えなくなってしまいました。

 

10歳で親元を離れて都会の学校に

ルイは村の学校に目の見える子と一緒に通っていましたが、10歳になったときパリにある目の見えない子たのための学校(王立盲学校)に通うことになります。

 

クーブレ村から王立盲学校があるパリまでは40キロ以上も離れています。このためルイは寄宿舎でほかの子たちと一緒に寝泊まりして学校生活を送ることとなりました。

 

それが10歳のとき。
親元を離れて、さみしかったかもしれませんね。

 

15歳で点字を作る

パリの王立盲学校に入ったルイ・ブライユは、そこで目の見えない人たちのための文字を知ります。バルビエという軍人が作ったソノグラフィーというものです。

 

このソノグラフィーを改良して、使いやすくしたのがルイ・ブライユの点字です。
ルイが15歳のときに作ったものです。

 

目の見えない人たちのあいだでは使いやすいと評判だったのですが、フランス政府がルイの点字を正式に認めるのは、ルイが亡くなってからとなりました。

 

PR

関連ページ

ルイ・ブライユってどんな人だったの?
点字の仕組みを考えたルイ・ブライユがどんな人だったのかについて紹介しています。ルイ・ブライユは1809年に生まれたフランス人です。ちなみに誕生日は1月4日。「ルイ」が名前で、「ブライユ」が苗字。
ルイ・ブライユが発明した点字の特徴は?
ルイ・ブライユが点字を発明する前にも目の見えない人向けの文字はありました。そうした文字と、ブライユが発明した点字の違いは何でしょうか?ルイ・ブライユの点字の前に使われていたのはアルファベットの文字を本に浮かび上がらせる凸字(とつじ)というものです。
ルイ・ブライユについてのマメ知識を知ろう
点字を発明したルイ・ブライユについてのマメ知識をまとめています。ルイ・ブライユが生まれたクーブレ村はディズニーランド・パリの近くにある村です。ルイには2人の姉と1人の兄がいました。など。
ルイブライユが生まれた国について調べよう
ルイ・ブライユが生まれたのはフランスです。このフランスがどんな国か知っていますか?「サッカーが強い」ぐらいのイメージしかないかもしれませんね。 調べてみましょう。
点字のある場所(家の中にある点字)
点字のある場所についての調べ学習に役立つ家電製品の点字ガイドラインについて解説。点字は身近な場所にあります。普段は気づかないかもしれませんが、家の中にも点字があります。例えば、洗濯機や電子レンジなどの家電製品とよばれるものにも点字がついています。